みどりと水鳥の里 山口まちづくり推進協議会

子育て地蔵尊を調べるとその土地に伝わる悲話や珍しい伝説に出会えます。柳瀬川沿い久米にある長久寺(時宗)は花向山常行院「長久寺」と云い、元弘元年(1331)鎌倉時代末期の開山です。子育て地蔵尊として名高く、珍しい地蔵尊があります。すわぶき咳(せき)からきている名で、親しみを込め「おしゃびき様」と呼ばれる六体の首無し地蔵です。どうにも咳が止まらず、首が落ちる位に痛かった人がその咳を止めるため、初めから首のない六体の首なし地蔵を祀って祈願したら治ったと言う伝えがあります。

咳がどうにも止まらないとき、地蔵様のたすきを戴いて、子供の身に着け願(がん)をかけ、治ると新しいたすきを足してお礼に来ていたそうです。スワブクという方言は咳が出ることを意味し、百日咳や風邪などにかかっても首がないので咳が出ないというご利益ありと伝えられていたそうです。そういえば現代でも喉(のど)を冷やさないように包帯やガーゼを使うことがあります。

この地は旧鎌倉街道に面し周囲には歴史上興味深い所が多くあります。

ふるさとの伝承や見所を訪ね、再発見にしばらく旧街道沿いを行ったり来たりしてみます。所沢村にも(すわぶき)地蔵尊、旧鎌倉街道沿い 久米と所沢(峰の坂)の関係をお楽しみに!

関係機関リンク

http://www.suisin.org/

山口民俗資料館 開館日のご案内 左の資料館名をクリックすると所沢市のサイトは移動します。

子育て地蔵菩薩尊。
旧鎌倉街道に面した長久寺

シリーズ(52) 行って見よう 山口の自然と歴史 もっと知ろう!

寿和婦貴(すわぶき)地蔵尊 柳瀬川沿い(山口から久米へ「昔も今も変わらぬ思いやり」
自然と歴史
所沢消防団第7分団
所沢市
寿和婦貴(すわぶき)地蔵堂 堂内には六体の(首なし)地蔵菩薩が祀られています。